民間企業による取り組み

民間での取り組み

日本esports連盟のプロライセンス発行や、「東京ゲームショウ」などの大きな大会が出来て認知されてきています。
それに伴い、esportsプレイヤー育成を軸として市場参入を考える企業も増えてきてます。
その1つが株式会社サードウェーブです。

株式会社サードウェーブは「第1回 全国高校eスポーツ選手権」を毎日新聞社と共同で開催する予定です。
また、この大会に合わせて「eスポーツ部発足支援プログラム」を発表しました。
このプログラムでは若い世代のesports人口の拡大を目的に、申請した高校(定時制・通信制含む高等学校、高等専門学校)のesports部にゲーミングPCを3年間無償で貸し出しています。

また、2018年4月には初のesportsプレイヤー育成専門学校として、OCA大阪デザイン&IT専門学校に「eスポーツマネジメント専攻」が創設されました。
これにより、大会などのesportsの「ゴール」だけでなく、育成を行うといった「スタート」地点を創り出す産業も生まれました。
学校

この章のまとめ

esportsのイベントにはゲームについてあまり知らない人でも楽しめるような工夫がありましたが、感じ方にはかなり個人差がありました。
みんなが楽しむためには、何もゲームについて知らない人のための解説を加えるなど、もう少し工夫が必要です。
日本でも近年esportsのイベントが開催されるようになり、徐々に規模が拡大しています。
様々な大会に日本人選手が参加し、時には優勝するなど、プレイヤーの規模が大きくなっています。
それと並行して、産業としてのesportsの価値に注目が集まっています。